石野真子さんからの人権メッセージ

人権メッセージ

石野真子さんから 人権メッセージをいただきました。
芦屋市出身の石野真子さん、 「夕焼け」にご出演いただきました。

「人権文化」あふれる兵庫に…

人権メッセージ

片山 安孝

(公財)兵庫県人権啓発協会理事長

兵庫県副知事 

 

  「ひょうご・人権のひろば」ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

 「人権」とは、すべての人が生まれながらに有する権利であり、私たちが幸せに暮らすために欠かすことができない大切なものです。

 一方で、少子高齢化やICT技術の急速な発展と普及、人々の価値観や生き方の多様化などにより、人権課題はますます多岐にわたり複雑化しています。女性、高齢者、障害のある人、部落差別(同和問題)、外国人などの問題に加え、子どもへの虐待やいじめ・体罰の問題が大きな社会問題となり、またインターネット上での誹謗中傷、プライバシーの侵害や性的少数者への偏見・差別などの人権問題も生じています。加えて、最近では、新型コロナウイルスに関連する人権問題も新たな課題となっています。

 人権を守る原点はシンプルなことです。年齢や性別、障害の有無、文化の違いなどに関わりなく、どんな人も大切な存在として認め、相互に尊重し合うことを一人ひとりが常々心がけることが大切であると思います。

 兵庫県が市町や関係団体・機関とともに展開する「人権文化をすすめる県民運動」の目指すところは、こうした人権を守る姿勢や行動が、私たちの生活の中で普通に実践され、当たり前の文化になることです。

 この「ひょうご・人権のひろば」サイトでは、障害者スポーツを紹介する動画、人権課題に関連する様々な映画、人権啓発の教材や人権相談の窓口など、多彩なコンテンツ関連サイトを見ることができます。あわせて「#Thanksバトン」で心温まるエピソードも掲載しています。

 「ひょうご・人権のひろば」をご覧いただいた皆様お一人おひとりの人権に対する思いが深まり、互いを大切にする行動へとつながり、「人権文化」あふれるひょうごが、花開くことを祈ります。

 新型コロナウイルスの感染防止のためのいろいろなお願いをしています。もう少しの辛抱だと思っていますので、是非引き続きのご協力をお願いいたします。

よりよい兵庫県をみなさんと一緒に作っていきたい

人権メッセージ

伊東 浩司 さん

ひょうご人権大使
陸上競技元日本代表

伊東 浩司 さん

長くこの人権大使の仕事をさせていただいていますが、それまでは「人権」という言葉を真剣に考え、向き合ってくることがほとんどありませんでした。人権大使の仕事をすることによって、人権の難しさ、そして日々勉強していかなければいけないことだということを痛感しています。

皆さんと一緒に過ごしているこの兵庫県の中でも、日々人権を考えなければいけないことがたくさんあります。皆さんと一緒により良い兵庫県をつくるために、人権をしっかり考えて、向き合っていきたいと思います。

ページ上部へ戻る